ドラマ

芸能

【ドラマ】大人気ドラマ『おっさんずラブ』続編に大ブーイング噴出の理由 キャスト一新、舞台は不動産会社から航空会社に

1: ばーど ★ 2019/10/21(月) 16:29:51.68 ID:XJ4pWwAe9 映画化されるなど、社会現象となったドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の続編が、11月2日から放送されることとなった。「OL(おっさんずラブ)民」と呼ばれる同作マニアたちはさぞ大喜びしているかと思いきや、異論が続出しているという。【写真】おっさんずラブの続編でも主演を務める田中圭「主演の田中圭と彼に恋い焦がれる上司役の吉田鋼太郎以外のキャストが一新されたんです。物語の舞台も不動産会社から航空会社に変更されているのですが、田中と吉田が演じるキャラクターはそのまま。パラレルワールド的な、この不思議な設定にOL民の間から『こんな内容で”おっさんずラブ”の続編をうたってほしくない』という怒りの声が上がっています」(テレビ誌記者)複雑な思いを抱えているのは、主人公を演じる田中も同様のようだ。有料会員向けのブログで、世界観が変わるため一度は断った、と告白している。「『おっさんずラブ』はもともと、単発ドラマから始まっているんです。連ドラ化するにあたって、主要なキャストである田中の同
芸能

【ドラマ】<米倉涼子主演「ドクターX」>第6シリーズ、初回20・3%の好発進!今年民放連ドラ1位

1: Egg ★ 2019/10/18(金) 09:15:49.85 ID:7KBRtsB19 女優の米倉涼子(44)が主演するテレビ朝日ドラマ「ドクター」(木曜後9・00)が17日にスタートし、初回(第1話)の平均視聴率が20・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが18日、分かった。高視聴率を続けるドラマシリーズは今回が第6弾。2012年に第1弾が放送され、平均視聴率19・1%を記録。第2シリーズから第5シリーズまでは全て平均視聴率20%以上を叩き出し、決めゼリフ「私、失敗しないので」も流行した。第5シリーズ(2017年10月期)の初回は平均視聴率20・9%だった。日本テレビ「あなたの番です~反撃編」最終回(9月8日放送)で記録した19・4%を上回り、今年、GP帯で放送された民放連続ドラマでも1位となった。今シリーズでは、前シリーズまでの舞台だった「東帝大学病院」が倒産寸前の危機に直面し、新たな権力闘争が激化。そんな中、群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけが武器のフリーランスの医師、大門未知子が白い巨塔に帰ってくる。
芸能

【視聴率】「いだてん」また大河歴代最低更新3・7% ついに5%割れ ラグビーW杯・日本戦が裏で…

1: 孤高の旅人 ★ 2019/10/15(火) 13:05:19.00 ID:0Vqg9gzC9 「いだてん」また大河歴代最低更新3・7% ついに5%割れ ラグビーW杯・日本戦が裏で…歌舞伎俳優の中村勘九郎(37)と俳優の阿部サダヲ(49)がダブル主演を務めるNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜後8・00)の第39話が13日に放送され、平均視聴率は3・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。裏番組に日本テレビ「ラグビーW杯 日本×スコットランド」(後7・00)があったため、第32話(8月25日)の5・0%を下回り、自らの大河ワースト記録を再び更新した。 初回(1月6日)=15・5%と好発進しながら、第6話(2月10日)=9・9%と1桁転落。以降、34回連続の1桁と苦戦している。この夜も裏番組にラグビーW杯・日本戦がありながら、放送終了15分後の午後9時の時点で「志ん生」がツイッターのトレンド入り、「美川」「圓生」「小松勝」がYahoo!リアルタイム検索の上位に。毎回、複数の関連ワードがインターネット上で話題を呼ん
芸能

【女優】元AKB48大島優子が本領発揮 朝ドラ「スカーレット」の演技に高評価

1: ジョーカーマン ★ 2019/10/14(月) 10:11:56.23 ID:pAGxYZcn9 戸田恵梨香主演のNHK連続テレビ小説「スカーレット」が先週後半、いよいよ子役からバトンタッチされ、戸田や大島優子、林遣都ら主要キャストの登場が話題となっている。 14日からは第3週、「ビバ!大阪新生活」が始まる。 そんな中、ネット上では「大島優子は関西出身ではないのに関西弁に違和感がない」「声や仕草が幼少期そのままでよく研究されている」など、かねてより演技力に定評のある戸田や林に負けず劣らず、大島の演技に対する高評価が目立つ。今年は舞台などで演技面に注目集める AKB48のOGは、アイドル時代の活躍が派手なぶんファンの期待も大きくなるが、女優へ転身したOGたちの苦戦が伝えられることもあった。 川栄李奈など、むしろ卒業後に女優として名を高めたメンバーがいる一方で、在籍時にグループの総選挙で1、2位を争う活躍をした大島のようなメンバーに関しては、見る側の評価も一段と厳しくなってしまうのは仕方ないところだ。 ネームバリューがあるだけに、共演者に一流の俳優が並ぶこともあるだろう。 し
芸能

【ドラマ】<いだてん>“人気キャラ死亡”でトレンド1位も視聴率は…クドカンの「もう観なくていいよ!」のせい?

1: Egg ★ 2019/10/01(火) 08:39:57.20 ID:CaO2tm5B9 9月29日放送のNHK大河ドラマ『いだてん』第37回で、第1回から登場していた「日本体育の父」こと柔道家の嘉納治五郎(演:役所広司)の最後が描かれた。嘉納は史実通り、エジプトで行われたIOC総会から帰国する途中、「氷川丸」の船内で肺炎のために死去。自身が誘致した1940年の東京オリンピック(後に日中戦争激化のため開催権返上)をその目で見ることなく、この世を去る嘉納治五郎のシーンは多くの視聴者の涙を誘ったという。ネットでは、嘉納治五郎を偲ぶ投稿が相次ぎ、TOKIO城島茂の結婚報告が旬の『鉄腕DASH 2時間スペシャル』(日本テレビ系)、同時間帯の強力な裏番組『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)とライバル番組も多い中、Twitterのトレンドランキングでは「嘉納治五郎」が一時1位にランクインするなど、注目を集めたほか、「治五郎ロス」を自称する熱心な『いだてん』視聴者の悲しみの投稿が相次いだ。その一方、視聴率は相変わらず苦戦しており、第37回の放送は関東地区5・7%(関西地区4・1%、い
芸能

【朝ドラ】戸田恵梨香 「スカーレット」で“リアル”追求、体型も変えた

1: 湛然 ★ 2019/09/29(日) 06:08:28.17 ID:fHrA39I79 9/29(日) 5:00 スポニチアネックス 戸田恵梨香 朝ドラ「スカーレット」で“リアル”追求、体型も変えたNHK連続テレビ小説「スカーレット」でヒロインを務める戸田恵梨香通算101作目のNHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜前8・00)が、9月30日にスタートする。主演を務める戸田恵梨香(31)が、このほどインタビューに応じ、作品にかける思いを明かした。同作は“焼き物の里”滋賀・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとして歩み始める1937年(昭12)大阪生まれのヒロイン・川原喜美子(戸田)の波乱万丈の生涯を描く物語。作中の陶芸シーンは戸田自らが演じており、撮影が始まる3カ月前から週2回ほどの稽古を行った。「(陶芸は)奥が深すぎて趣味で始めたら辞められないだろうな」というほどの熱の入りよう。練習の過程で作った茶碗を共演の大島優子(30)にもプレゼントしたという。女性の生涯を演じる朝ドラだけあって、その時々で体型を変える必要もあった。なかでも陶芸のシーンでは「本
芸能

【視聴率】「あなたの番です」最終話19・4%!大台肉薄の自己最高で有終の美

1: ひかり ★ 2019/09/09(月) 09:26:14.32 ID:nfedtJ2E9  俳優の田中圭(35)、女優の原田知世(51)がダブル主演した日本テレビの連続ドラマ「あなたの番です―反撃編―」(日曜後10・30)の最終回(第20話)が8日に放送され、 平均視聴率は19・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが9日、分かった。毎週“リアタイ(リアルタイム視聴)”の盛り上がりで、ネット上の関連ワードが急上昇する注目作。第18話(8月15日)で記録した13・0%を6・4ポイントと大幅に上回る番組最高を記録して 有終の美を飾った。同作は秋元康氏(60)が企画・原案を手掛け、とあるマンションに引っ越してきた新婚夫婦が“交換殺人ゲーム”に巻き込まれていくミステリー。同局として25年ぶりとなる 2クール連続大型ドラマで、第2章の「反撃編」では、田中演じる翔太がマンションで起こった交換殺人ゲームの全貌を解き明かし、妻・菜奈(原田)の命を奪った殺人鬼に迫った。第1章は全11話で視聴率が1桁にとどまったが、第2章に入ると、第13話で10・9%と初の2桁に到達。衝撃の
芸能

【視聴率】NHK「いだてん」32話…大河ドラマ史上過去最低の5・0%

1: ばーど ★ 2019/08/26(月) 14:16:59.71 ID:RHU/EKbN9 NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第32回が25日に放送され、関東地区の平均視聴率が、大河ドラマ史上最低の5・0%だったことが26日、ビデオリサーチの調べで分かった。同作は11日放送の第30回で関東地区の平均視聴率が5・9%と、それまでの大河ドラマ史上最低の数字を記録していた。この数字をさらに0・9ポイント下回ってしまった。これで第6回から連続27回連続で1桁となり、苦しい状況が続いている。第32回は、銀メダルを獲得して帰国した前畑(上白石萌歌)を東京市長の永田秀次郎(イッセー尾形)らが落胆の声で迎え、田畑(阿部サダヲ)は選手をかばって激怒する内容だった。国民の大きすぎる期待に前畑は苦悩する様子を描いた。一方、満州事変を非難する国際世論に反発した日本は国連を脱退し、孤立し始めるが、治五郎(役所広司)らは粘り強く五輪招致を目指す様子も描いた。◆これまでの視聴率推移第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)第2回は12・0%(関
芸能

24時間テレビドラマスペシャル「絆のペダル」 相葉君の演技が想像していたより良いと好評www

1: 名無しさんにズームイン! 2019/08/24(土) 22:18:44.41 ID:5LY7cvKG0 21:20ごろ~23:20ごろ走行距離200km!最も過酷なスポーツとも言われる『ロードレース』。 その世界で「ある奇跡」を成し遂げた人物がいる―。 誰もが『不可能』と言う中で、男と、その母だけは『諦める』ことをしなかった。 実在する自転車プロロードレーサー・宮澤崇史とその母の絆の物語。相葉雅紀・薬師丸ひろ子・波瑠・田中圭ほか引用元: ・24時間テレビドラマスペシャル「絆のペダル」 ★4
芸能

広瀬すず主演の朝ドラ「なつぞら」が高視聴率取ってるのに全く話題にならないのは何故なのか?

1: 名無し募集中。。。 2019/08/15(木) 21:42:39.14 0 みんな見てへんの?(´・ω・`) 引用元: ・どうして広瀬すず主演の朝ドラ「なつぞら」が高視聴率取ってるのに全く話題にならないのは何故なのか?
芸能

【悲報】朝ドラなつぞら、やばすぎて炎上

1: 風吹けば名無し 2019/08/15(木) 13:05:34.18 ID:5FRMUPfeM 朝からババアの性癖暴露 引用元: ・【悲報】朝ドラなつぞら、やばすぎて炎上
芸能

【5・9%】NHK「いだてん」大河ドラマ史上最低視聴率を更新へ

1: ケレス(北海道) 2019/08/13(火) 10:31:32.79 ID:vwd87Tyj0● BE:299336179-PLT(13500) sssp://img.5ch.net/ico/yukidaruma_3.gif NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第30回が、11日に放送され、 関東地区の平均視聴率が、大河ドラマ史上最低となる5・9%だったことが13日、ビデオリサーチの調べで分かった。引用元: ・【5・9%】NHK「いだてん」大河ドラマ史上最低視聴率を更新へ
芸能

おっさんずラブとかいう面白いドラマwww

1: 名無しステーション 2019/08/03(土) 02:56:29.16 ID:MnAoXLbur おっ引用元: ・おっさんずラブ
芸能

【ドラマ】阿部寛「まだ結婚できない男」女優陣は吉田羊・深川麻衣・稲森いずみ!

1: ひかり ★ 2019/08/08(木) 10:38:42.91 ID:CalazWex9  10月期にカンテレ/フジテレビ系でスタートする、阿部寛主演で2006年に放送された人気ドラマの続編「まだ結婚できない男」(毎週火曜・午後9時~)の新キャストが発表され、女優の吉田羊、深川麻衣、稲森いずみらの出演が明らかになった。前作「結婚できない男」は、腕は一流だが、偏屈で独善的で皮肉屋の建築家・桑野信介(阿部)の日常を追ったコメディー。「結婚なんてメリットがない」と、おひとりさまライフを満喫する桑野が、担当医の早坂夏美(夏川結衣)との出会いをきっかけに、恋愛や結婚を意識していくさまがコミカルに描かれた。「まだ結婚できない男」は前作から13年後が舞台となり、桑野は独身のまま。夏美とは交際まで発展したものの、愛想をつかされて破局。恋愛への思いは再び固く閉ざされ、以前と同じマンションで、独り身を謳歌(おうか)する生活に逆戻りしている。53歳となり偏屈さにますます磨きがかかった桑野のシングルライフに変化をもたらすのが、新たな女性たちとの出会いだ。吉田が演じるのは、桑野に振り回され
芸能

秋元企画ドラマ あなたの番です大爆死すると思った奴ww

1: 47の素敵な(大阪府) (3段) 2019/08/06(火) 12:22:44.13ワイですwVIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured 引用元: ・秋元企画ドラマ あなたの番です大爆死すると思った奴ww
芸能

遠野なぎこ、ドラマ『未成年』で共演した浜崎あゆみに「ただのイタい人になってしまった」とバッサリ

1: muffin ★ 2019/08/01(木) 14:51:07.08 ID:2rsBwBxv9 2019年08月01日  7月31日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)において、『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)を8月1日に出版し、エイベックスの松浦勝人会長との過去の熱愛を暴露した浜崎あゆみの話題になった。  遠野なぎこは「誰がこの方の過去の恋愛にいまさら興味あるのかな」と冷め気味であり、「私、10代の頃に、彼女が歌でブレークする前にドラマでご一緒していたので……」と話し始めた。浜崎あゆみが売れないアイドルとして、いくつかのドラマや映画に出ていたのはよく知られている。  遠野と浜崎は、1995年放送の野島伸司脚本ドラマ『未成年』(TBS系)で共演。遠野は、男にだらしのない母親を持つ情緒不安定な女子高生、浜崎は、大学生の家庭教師の子供を妊娠してしまうお嬢様女子高生を演じた。遠野はともかく、浜崎にとっては、あまり触れられたくない話題でもあるだろう。ネット上では、「遠野、黒歴史掘り起こしてくんな」「このドラマの男の共演者たちって仲良いみたいだけど、女