ボクシング

スポーツ

【ボクシング】<井上尚弥のKOが奪われた!?>ドネアのダウンシーンに海外物議!「ストップすべき」

1: Egg ★ 2019/11/10(日) 22:20:16.02 ID:afCldaIw9 ■強烈な左ボディーでドネアからダウンを奪うシーンをWBSSが公開ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム決勝はWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちを収め、WBSS制覇を果たした。井上は激しい死闘の末、11回にこの試合唯一となるダウンを左のボディーブローで奪ったが、実際のシーンをWBSSが動画付きで公開。ドネアを悶絶させる強烈な一撃は海外ファンを戦慄させているが、同時にレフェリーのカウントが長過ぎたという声も上がっている。2回に右目瞼の上をカット。後になって眼窩底の骨折も明らかになるほどの死闘を演じた井上だったが、強烈なパンチでは一度はドネアをキャンバスに跪かせた。11回だ。1分過ぎ、右のアッパーをブロックされた直後、わずかに空いたボディーに井上が繰り出したのは、渾身の左フック。右のレバーに直撃させると、ドネアはたじろぎ後退する。その直後だ。ドネアは背を向けるように後ずさりすると、
スポーツ

【井上尚弥の父・真吾トレーナー手記】天才って言われるけど「冗談じゃねえよって」小1から血と涙がにじむ練習

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/08(金) 07:30:27.73 ID:U5eJg7D49 ◆プロボクシング世界戦 ▽ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級(53・5キロ以下)決勝12回戦〇WBA、IBF王者・井上尚弥(12回 判定3―0)WBAスーパー王者ノニト・ドネア●(7日、さいたまスーパーアリーナ)WBSSのバンタム級初代王者に輝いた井上尚を6歳から指導し、セコンドとして息子の戦いを見守った父の真吾トレーナー(48)が、スポーツ報知に喜びの手記を寄せた。優勝おめでとう。本当にヒヤヒヤしたけど、いい意味で初心に戻れる試合になった。 左フックをもらってまぶたを切ってから少し想定外の展開だった。今後、精進して、いろいろと挑戦していきたいと思います。親として毎回、心配はあります。キッズの時から、ずっと。ナオやタクを選手として見たことは一度もない。 学校の運動会と同じで、自分の子供が出ればドキドキする。でも、その心配を自信に変えるような練習はしてきたから。ナオのことを天才って言われたりするけど、内心、冗談じゃねえよって。でき
スポーツ

ドネア「井上はそこまで強くなかった。ダウンは回復のためにあえてやった」

1: 風吹けば名無し 2019/11/08(金) 11:22:17.89 ID:Y5YFbuDl0 ーー井上選手の戦力は事前に予想していた通りでしたか?ND : パワーはありましたが、人々に言われているほどではありませんでした。 ただ、スキルは想像以上。そして、タフネスは素晴らしかったと思います。ーー11ラウンドは左ボディでダウンを喫しましたが、ダメージは激しかったですか?ND : あれは効きましたね(苦笑)。あのパンチを受けた後、私には選択肢があり、立ち続けることもできました。ただ、その上でまたボディを打たれたら、そこで終わってしまうかもしれない。 だから膝をついてカウントを聴いたんです。そのカウント中に回復したのですが、その後の私はまた顔面へのビッグパンチを狙いにいってしまったのは頂けなかったと思います。引用元: ・ドネア「井上はそこまで強くなかった。ダウンは回復のためにあえてやった」
スポーツ

【ボクシング】<井上尚弥>「最高の試合をするだけ」ドネアも計量一発クリア!WBSS頂上決戦

1: Egg ★ 2019/11/06(水) 13:27:49.31 ID:ohXBGMeE9  「ボクシング・WBSS決勝、WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(7日、さいたまスーパーアリーナ)バンタム級最強を決めるワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝の前日計量が6日、東京都内で行われ、WBA、IBF同級王者の井上尚弥(26)=大橋=は制限体重(53・5キロ)ちょうどの53・5キロ、WBA同級スーパー王者のノニト・ドネア(36)=フィリピン=は同200グラムアンダーの53・3キロで、両者とも1回目でクリアした。井上尚は「お互いに最高の試合をするだけ」と意気込んだ。前評判では井上尚有利の声が高いが「自分の中ではそれほど差はないと思っている。ボクシングは何が起こるか分からない。そういうものは頭から外して戦う」と冷静に語った。戦績は井上尚が18勝(16KO)、ドネアが40勝(26KO)5敗。11/6(水) 13:09配信写真引用元: ・【ボクシング】<井上尚弥>「最高の試合をするだけ」ドネアも計量一発クリア!WBSS頂上決戦
スポーツ

【ボクシング】WBSS”モンスター”井上尚弥 ドネア戦最新オッズは1・1倍

1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/10/29(火) 18:40:08.86 ID:Y7V0ImJ29  6冠馬に続け!? WBA&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(26=大橋)が28日、横浜市内の所属ジムで練習を公開した。WBA同級スーパー王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)と激突するワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝(11月7日、さいたまスーパーアリーナ)まで残り10日となったが、井上は「トレーニングも予定通り積めているので、コンディションは良く仕上がっている」と好調ぶりをアピールした。この日は大一番前に最後の公開練習ということで、ジムにはなんと約70人もの報道陣が詰めかけた。注目度の高さを感じさせたが、もう一つの指標となる海外ブックメーカーのオッズはどうなっているのか。8月の時点での海外ブックメーカーが発表したオッズでは「井上勝利」が軒並み1・1倍未満なのに対して、「ドネア勝利」は10倍前後と大差がついていた(本紙既報)。現在、英国の老舗ブックメーカー・ウィリアムヒル社の最新オッズは、井上勝利が1・1倍とほぼ変わらず。対するドネアは6・5倍とその
スポーツ

【ボクシング】米でプロボクサー死亡 KO負けから4日 ボクシング関係者に衝撃走る 今年3人目の死者

1: ネギうどん ★ 2019/10/17(木) 11:50:36.96 ID:cA13MXSn9  12日の試合でKO負けを喫し、脳に損傷を負っていたプロボクサーのパトリック・デイ(米国)が16日に死去。27歳だった。デイは米イリノイ州シカゴで行われたスーパーウエルター級のチャールズ・コンウェル(21=米国)戦で10回にTKO負け。リング上ですでに意識を失っており、搬送先のノースウエスタン記念病院で緊急手術を受けたが帰らぬ人となった。 デイは4回と8回にダウンを奪われ、10回にはコンウェルの右のパンチを浴びたあと、強烈な左フックを食らった。ダウンした際に後頭部を強打。主審は10回1分46秒で試合を止めた。このあとデイはしばらくリング上で治療を受けたが、意識がないまま担架で運び出されていた。AP通信によれば、プロモーターのルー・ディベラ氏は「家族や友人たちに看取られて亡くなった。彼は自分にとって息子であり、多くの人間にとって家族同然の存在だった。そのやさしい性格と前向きで寛大な姿勢は出会ったすべての人の記憶に残るだろう」と述べている。ニューヨーク州出身のデイの戦績は17勝(
スポーツ

【ボクシング】井上尚弥vsドネア戦がWOWOWで放送 11月7日さいたまスーパーアリーナ

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/12(土) 07:03:30.23 ID:Gl68b/Ci9 11月7日、さいたまスーパーアリーナで開催されるワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝、 WBA・IBF世界バンタム級王者井上尚弥(26=大橋)-WBAスーパー王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)戦がWOWOWで放送されることが11日、発表された。セミファイナルに組まれたWBC世界バンタム級王座統一戦、暫定王者井上拓真(23=大橋)-正規王者ノルディーヌ・ウバーリ(33=フランス)戦も合わせて放送される。 いずれのカードも11月9日午後9時からWOWOWライブで中継される。また10月28日のエキサイトマッチ~世界プロボクシング(午後8時~WOWOWライブ)では「~正規の決戦まであと少し!WBSSバンタム級これまでの軌跡~」と題した特集も放送される。10/11(金) 19:16配信エキサイトマッチ テーマ曲引用元: ・【ボクシング】井上尚弥vsドネア戦がWOWOWで放送 11月7日さいたまスーパーアリーナ
スポーツ

【社会】元ボクサー・内藤大助さん、トラックと接触 肋骨折る重傷

1: ひかり ★ 2019/10/11(金) 23:18:29.44 ID:wUzZlC5/9  元プロボクサーの内藤大助さんが東京・葛飾区でバイクを運転中、トラックと接触し、転倒して肋骨を折る重傷を負いました。 警視庁によりますと、11日午後2時半頃、葛飾区の交差点で元プロボクサーでタレントの内藤大助さんがバイクを運転中、左折しようとしたトラックと接触して転倒し、肋骨を折る重傷を負いました。 所属事務所によりますと、内藤さんは「転倒したあと、バイクの下敷きになり息ができなかった」と話していて、全治1か月程度とみられています。 警視庁はトラックを運転していた男性から事情を聴き、当時の状況を調べています。TBSニュース引用元: ・【社会】元ボクサー・内藤大助さん、トラックと接触 肋骨折る重傷
スポーツ

【ボクシング】井上尚弥、ドネアとの頂上決戦・WBSS決勝は「11月7日」さいたまスーパーアリーナ開催か

1: 豆次郎 ★ 2019/08/06(火) 10:28:58.80 ID:MrrbLdoM9 8/6(火) 9:45配信 THE ANSWER ドネアとの決勝、日程問題が決着か 井上尚弥、WBSS決勝は「11.7」さいたまスーパーアリーナ開催か 米記者「情報筋によると…」 井上尚弥、ノニト・ドネア【写真:Getty Images】  ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝でWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)は5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突するが、決戦の舞台が11月7日、さいたまスーパーアリーナに決定したと、米メディアが報じた。ドネアが一時辞退を示唆した頂上決戦だが、日程問題が解決したとみられる。  モンスターマニアに朗報だ。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のマイク・コッピンガー記者は自身のツイッターで速報した。 「情報筋によると、ナオヤ・イノウエとノニト・ドネアによるWBSSバンタム級大会決勝は日本の東京で11月7日に行われることになった。木曜日に行われる試合でDAZNがこの
スポーツ

ボクシングの階級多すぎて草wwywwywwywwywwywwy

1: 風吹けば名無し 2019/07/29(月) 21:43:09.35 ID:FYY2aBN30NIKU 【微量級】 最小級(ミニマム) 不人気階級。無敵王者ロペスさえ女子の前座で給料も女子より安い。選手数200人程度。 軽蝿級(ライトフライ) 不人気階級。選手層はミニマムと重複。実は一番選手層が薄い階級?不要との声多し。 蝿級(フライ) 不人気階級。日本ではよく聞く馴染み深い階級。 超蝿級(スーパーフライ) 不人気階級。 ただし日本での選手層は厚いと言える。 鶏級(バンタム) 不人気階級。アメリカの選手も数人程度存在する。日本人が強い階級。 超鶏級(スーパーバンタム) 不人気階級。東洋・中南米が中核の選手層が薄いマイナー階級。 【軽量級】 羽毛級(フェザー) 不人気階級。 何らかの理由でアメリカではここが一番下の階級と思っている人が多い。 超羽毛級(スーパーフェザー) 不人気階級。B、SB上がりが比較的容易に入り込んでくるFeよりも東洋色が薄れる。 軽量級(ライト) 人気階級。SFeよりも人気。ここから急激に動く金と選手数が増える。
スポーツ

【ボクシング】<井岡一翔戦のラウンドガール>目立ちすぎて炎上!経緯を説明

1: Egg ★ 2019/07/20(土) 22:54:38.09 ID:UVFfrwLI9 写真 6月19日『WBO世界スーパーフライ級王座決定戦』で勝利を飾り日本人初の四階級制覇を成し遂げた井岡一翔。その記念すべき表彰式で井岡よりも前に出て目立ちすぎのラウンドガールがいた。リングサイドのカメラマンはラウンドガールが前に出すぎて井岡を撮ることができない。更に井岡に近づき前に出たラウンドガールに井岡は自身の拳を気を使って引っ込める始末。ネットではラウンドガールのカメラ目線も話題となった。  このラウンドガールの名は岡田佑里乃。1998年10月29日生まれの20歳。2018年7月の『ミスマガジンコンテスト』にて、芸能活動未経験ながら、一般応募を経てファイナリストに残り、グランプリは逃したが「ミス週刊少年マガジン」に輝いたシンデレラガールだ。  その岡田の「目立ちすぎ」が一部で炎上したことについて20日(土)、読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」が取り上げ、岡田はテレビ電話で出演。この一件について語った。  司会の今田耕司がイーフ